📷おでかけスポット

山口県立美術館 驚異の超絶技巧! 明治工芸から現代アートへ

投稿日:2018年10月19日 更新日:

スポンサードリンク

山口県立美術館 驚異の超絶技巧!
明治工芸から現代アートへ

行ってきました!!!

山口県立美術館 驚異の超絶技巧! 明治工芸から現代アートへ

 

山口県立美術館 驚異の超絶技巧! 明治工芸から現代アートへ

七宝、金工、牙彫、木彫、漆工、刺繍絵画など幅広いジャンルから厳選された
明治工芸の逸品をご紹介するのにくわえて、明治の「超絶技巧」を受け継ぎつつ新たな世界を築いている
15人の現代作家による驚愕の現代アートも多数ご紹介いたします。(HPより

撮影OKのエリアにて

 

山口県立美術館 驚異の超絶技巧! 明治工芸から現代アートへ

高橋賢悟氏による作品
origin as a human

実際の花を型に取ってアルミニウムでできている作品
細部まで細かくつくられており新しい表現の世界のようです。

山口県立美術館 驚異の超絶技巧! 明治工芸から現代アートへ

山口県立美術館 驚異の超絶技巧! 明治工芸から現代アートへ

初代 宮川 香山
猫ニ花細工花瓶

高浮彫と呼ばれる立体的な装飾によって、咲き誇るバラの下に猫
質感がしっかりと出ていて職人技をかんじました。
海外でも評価が高いそうです。

 

山口県立美術館 驚異の超絶技巧! 明治工芸から現代アートへ

 

他にも「この時代にこんなにクオリティ高いものが作れるのか?!」と驚かされるものもおおく
現代は現代で新しい表演をうみだしている。
素晴らしい展示でした。

 

店舗情報驚異の超絶技巧! 明治工芸から現代アートへ
🏠 :山口県立美術館 〒753-0089山口市亀山町3-1
☎ :092-263-2309
🕐 :営業時間:9:00~17:00 (入館は16:30まで)
📅 :開催期間:2018年9月7日(金)~10月21日(日)

LINEスタンプ販売中!

あざらしにゃん

あざらしにゃん

あざらしにゃん

あざらしにゃん5

ときいろはあざらしにゃん4

 

-📷おでかけスポット
-, , , ,

Copyright© ときいろはの回廊 | 山口県のグルメ食べ歩きブログ , 2020 All Rights Reserved.