福岡県 🍴食べ歩き・グルメ 📷おでかけスポット

石橋文化センター 久留米市美術館 楽水亭

投稿日:

スポンサードリンク

久留米に行ってみた

この日は18きっぷを使って
久留米まで!!

門司までは各駅で、
門司からは快速で!2時間ぐらいかかります汗

電車に乗るとうとうと派な相方さんに対して
いっぱいおしゃべりできると元気なときいろは
車運転するとかなりエネルギーを消費するんですね
いつもすまないねぇ。。

久留米ラーメンのイメージしかなかったので(失礼
屋台が並ぶ、中洲の街並みみたいなのを想像してたのですが

見事な畑道!!!!
山口県と近いものがあるぞ!!

今日の目的は久留米市美術館の
「ブラティスラヴァ世界絵本原画展 BIBで出会う絵本のいま」
を見に行くこと!!

観光案内所でゆく道を尋ねて、
チケットも買って、バスに揺られてレッツゴー

 ブリヂストンの創業者である石橋正二郎の寄贈

久留米市美術館

石橋文化センターは、
1956(昭和31)年に株式会社ブリヂストンの創業者である
石橋正二郎・名誉市民から郷土久留米市に寄贈されました。

ブリジストンという社名は
bridge=橋,stone=石
から来ているのは有名ですね。

あいにくの雨と夏の終わりなので、
やや植物がぐったりしてましたが

四季折々の花が咲く優雅な庭園があり、
久留米市美術館をはじめ、音楽ホールや
図書館を備える複合文化施設です。

久留米市美術館 楽水亭

早起きしたのに移動だけでお昼になってしまったので
ここで昼食にしました。

ここで相方さんは仕事の連絡が入ってしまい
ときいろはを30分ほど放置してしまうことに汗
お店に入れないときいろはお腹ペコペコ
あざらしにゃん

久留米市美術館 楽水亭
そぼろご飯ランチ (ミニうどん、そぼろご飯、小鉢、コーヒー、ミニデザート) 890yen

ようやっと店内に入るとお店からは
大きな池が。でっかい鯉が泳いでいます。
餌のもらいすぎかな。

久留米市美術館 楽水亭

ちょっとずつがたくさん。
味は濃ゆすぎず優しい味です。

久留米市美術館 楽水亭

年配のマダムが好みそうな昼ごはん
お腹ペコペコな二人にはやや物足りない
食べ過ぎは良くないからこれくらいがいいのかな

久留米市美術館 楽水亭

食後にはちょびっとのアイスと
紅茶にしました。

(紅葉)と書いてたけど、紅葉の紅茶なのかな
ときいろはは「紅葉の味がする。。。」
え??食べたことあるの?

電話連絡にソワソワ展示はワクワク

久留米市美術館

ご飯を食べて展示を見に行こう。
でも相方さんは仕事の連絡待ちでなんだかソワソワ

携帯電派の普及で便利にはなったけど
縛られることも多い。。
昔より圧倒的に効率が良くなった分
スキルもストレスも昔の数十倍だと思う。
最近の若いもんと昔の人を同じ土俵で考えないでほしいなぁ。

久留米市美術館

便利な時代だからこそ、遠方のイベントも知れるわけで
電車の時間も時刻表をペラペラめくらなくて済むわけで
地図も広げなくていいんだからいいように考えましょう。

「ブラティスラヴァ世界絵本原画展 BIBで出会う絵本のいま」

久留米市美術館

スロヴァキア共和国の首都ブラティスラヴァで
2年毎に開催される世界最大規模の絵本原画コンクールです。
芸術性が高く、実験的でユニークな作品が集まることで知られています。

第26回を迎えた2017年9月のコンクールには
日本人としては荒井真紀さんが「たんぽぽ」で金のリンゴ賞を、ミロコマチコさんが「けもののにおいがしてきたぞ」で金牌を受賞しました。

「BIBで出会う絵本のいま」をテーマに受賞作品、日本からのノミネート作品、そして今注目の4か国として中国、イラン、イスラエル、韓国をとりあげ、絵本原画約200点と絵本および関連資料が紹介されていました。

絵本と言っても多種多様
想像力で自由に思い描くもの
しっかりと観察して表現されるもの

専門書のように多く語らず
こどもに伝えるものだからこそ
表現に個性を感じます。

「名画が奏でる8つのフーガ」展

久留米市美術館

観光案内所の方に「共通券がとってもお得です!!!」
と猛プッシュされたので「名画が奏でる8つのフーガ」展
の展示も見に行くことに。

またもや電話が。。。
ときいろはは先に入ることに
無事解決してスッキリした相方さんも
遅れて入りました。

久留米市美術館

西洋の近現代美術、そして明治以降の日本洋画の記念碑的作品を所蔵する石橋財団。
その名品の数々を、久留米市美術館で公開した展示でした。

セザンヌ、モネ、ルノワール、
九州では初の公開となるカイユボットといった印象派から、

国の重要文化財である青木繁、藤島武二、野見山暁治、ザオ・ウーキーら今世紀の絵画まで幅広く展示されていました。

印象的だったのはやはりチケットにも使われている
「ピエール=オーギュスト・ルノワール
《すわるジョルジェット・シャルパンティエ嬢》1876年」

質感もそうですし
昔の名作が現代になっても目で触れることができるって素晴らしいなぁ。ポストカードを買ってしまいました。

なんやかんやで時間を取られてしまい
タイムリミットが。。。
本当は百年記念公園のハンドメイドイベントや
鳥類の動物園なども見てみたかったのに。。

遠方なのでなかなかリベンジは難しいですが
またいつかきっと

店舗情報久留米市美術館 楽水亭
🏠 : 〒839-0862 福岡県久留米市野中町1015 石橋文化センター内
☎ : 0942-33-2271
🕐 :営業時間:10:00~17:00 カフェは16:30(OS)
📅 :月(祝日や振替休日の場合は営業)・年末年始(12/28~1/3)

ブログランキングならblogram

LINEスタンプ販売中!

あざらしにゃん

あざらしにゃん

あざらしにゃん

あざらしにゃん5

ときいろはあざらしにゃん4

ときいろはの回廊は
主に山口県のグルメ・食べ歩きや、お絵かき・イラスト関連の記事を掲載しています。主に趣味のページですが、見ていただければ幸いです。

-福岡県, 🍴食べ歩き・グルメ, 📷おでかけスポット
-, , , , ,

Copyright© ときいろはの回廊 | 山口県のグルメ食べ歩きブログ , 2021 All Rights Reserved.